本荘ケミカル
JAPANESE english
ホーム 会社案内・沿革 会社概要 関連会社 パートナーシップ  
contents
製品概要
亜鉛
リチウム
ストロンチウム
電池材料
有機錫化合物
医薬品・医薬等中間体
臭素化合物
ガス
ナノテクノロジー
製品リスト
企画開発
リクルート
電子公告
お問い合わせ

会社案内・沿革

企業理念

本荘ケミカルは、人と地球の調和を考え、先端技術の創造と活用によって、新しい時代における人々の幸せに貢献できる企業を目指します。

経営方針

1. 顧客のニーズに応え、高品質の製品とサービスを提供できる企業を目指します。
2. 独創性のある技術開発を行い、収益力のある企業を目指します。
3. 社員の適性に応じた人材活用によって、魅力のある企業を目指します。
4. 効率的な経営システムを構築し、確固たる経営基盤を築きます。
5. 社会に貢献し、住みやすい環境づくりを目指します。

沿革

1922年 3月 大阪市福島区大開において、本荘祐雄が< 本荘亜鉛工業所 >を創立
1934年11月 株式会社に改組、亜鉛末・蒸留亜鉛地金の製造販売を開始
1955年10月 リチウム金属、各種リチウム塩類の製造販売を開始
1963年 1月 Lithium Corporation of America(現FMC社)と業務および技術提携
1964年 6月 二代目社長として本荘一郎が就任
1967年 3月 社名を < 本荘亜鉛株式会社 > に改称
1968年10月 ストロンチウム塩類並びに防錆用マグネシウムアノードの製造を開始
1970年10月 < 本荘ケミカル株式会社 >に改称
1971年12月 Lithium Corporation of Americaと合弁で< アジアリチウム株式会社 >を設立
1972年 8月 直島工場開設
1973年11月 業容の拡大に伴い、< 本荘ケミカル株式会社 >を< 本荘株式会社 >と改称、
製造営業部門を分離し、新たに< 本荘ケミカル株式会社 >を設立
1982年10月 半導体ガスとしてモノシランガスの製造販売を開始
1983年11月 有機錫化合物の製造販売を開始
1986年 3月 アジアリチウム鰍ナブチルリチウムの生産を開始
1989年 3月 シンガポールにて亜鉛末の製造販売を開始
1989年 8月 アジアリチウム鰍ナ金属リチウムの生産を開始
1990年 2月 半導体ガスとしてモノゲルマンガスの製造販売を開始
1992年11月 本荘化成工業株式会社と合併
1992年11月 リチウムイオン電池用正極材の製造販売を開始
1993年10月 中国大連市にて合弁会社< 大連本庄化学有限公司 >を設立、
臭化リチウムの製造販売を開始
1994年10月 メキシコにて合弁会社< Solvay Quimica Y Minera, S.A >を設立、
炭酸ストロンチウムの製造販売を開始
1995年 2月 リチウムイオン電池用負極材(チタン酸リチウム)の製造販売を開始
1995年11月 < 本荘エフエムシーエナジーシステムズ株式会社 >を設立、
リチウムイオン電池用正極材の製造販売を開始
1999年10月 直島化成工場内に超低温反応設備を完成、医薬等中間体製造を強化
2000年 5月 寝屋川工場内に微細炭素材「フラーレン」「カーボンナノチューブ」の
生産設備を完成
三菱商事株式会社、FIC、MER社と共同で用途開発事業に注力
2001年11月 グループ企業を再編するため、本荘鰍ニ合併分割を経て、
現本荘ケミカル株式会社となる
2002月 3月 三代目社長として本荘之伯が就任
2002年 6月 本荘エフエムシーエナジーシステムズ梶AFMC社との合弁契約を解消し、
< 本荘エナジーシステムズ株式会社 >に改称
2012年10月に解散し、本荘ケミカル鰍ェ事業を継承
2004年 2月 寝屋川工場内に新本社棟完成
2011年 4月 丸紅株式会社と合弁で、< パシフィックリチウム株式会社 >を設立
2013年 9月 アジアリチウム梶AFMC社との合弁契約を解消し、完全子会社化
2013年 9月 パシフィックリチウム梶A丸紅株式会社との合弁契約を解消し、完全子会社化
2014年 6月 旭東金属工業鰍吸収合併
2015年10月 パシフィックリチウム鰍吸収合併
2016年 8月 四代目社長として平尾一彦が就任
>>TOPへ戻る
Copyrightc2005 Honjo Chemical All Rights Reserved. プライバシー・ポリシー